2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】 密度から分かるもの | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること »

2012年4月23日 (月)

【続定量的品質予測のススメ】 ピアレビューと公式レビューとが同程度の指摘密度で収束するとは

P107「6.1 管理図分析」の「●分析手順」の同ページ下段において、サンプルプロジェクトのレビュー工数密度、レビュー指摘密度の管理図と指摘分類から、分析が行われている。

その「レビュー指摘密度」において、「公式レビューがピアレビューと同程度の指摘密度で収束していない」とある。

これはどのような意味であろうか。
この文は、2つの解釈が可能である。

「公式レビューがピアレビューと同程度の指摘密度であるべきなのに、そのように収束していない」

というのと、

「公式レビューがピアレビューと同程度の指摘密度になってしまっていて収束していない」

という解釈。

それはグラフを見れば自明・・・と言いたいところであるが、グラフだけ見てもどちらとも言い切れないように思える。

「公式レビューがピアレビューと同程度の指摘密度で収束していない」とは、どのような思いで何をフィードバックしたいのであろうか。

« 【続定量的品質予測のススメ】 密度から分かるもの | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/43996726

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】 ピアレビューと公式レビューとが同程度の指摘密度で収束するとは:

« 【続定量的品質予測のススメ】 密度から分かるもの | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること »