2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】 ピアレビューと公式レビューとが同程度の指摘密度で収束するとは | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること2 »

2012年4月30日 (月)

【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること

P108「表6.1-2 品質の測定項目別の評価指針」の測定項目として、「レビュー指摘件数」が挙げられている。
ちなみに他には、レビュー指摘密度、レビュー工数密度が挙げられている。

この「レビュー指摘件数」の評価指針として「指摘件数が少ないときは、『プロダクトの品質が良い/レビューが不適切』と予測し、レビュー実施内容を調査する」と書かれている。

さて、密度の弊害はこの場合置いておいて、絶対値の「レビュー指摘件数」で指摘件数が少ないと評価するのはどのようにすればよいのだろうか。

これは、後に続くレビュー指摘密度、レビュー工数密度についてもいえるのであるが、件数や密度が大きい、小さい、多い、少ないは、簡単に言えないのではないだろうか。

ある意味、それを割り切る代わりに、メトリクスの分析結果を一方的に信じないみたいなことを言われるのであろうが、ソフトウェア開発における品質指標の多寡評価は本当は非常に難しく繊細なものだと思える。

根源的な問題はともかく、レビュー指摘件数だけみて多い少ないと言えるのはどのような論理なのかを説明すべきであろう。

これで多寡が言えるならば、わざわざレビュー指摘密度など導出する必要がないと思われる。
その意味では、レビュー指摘件数とレビュー指摘密度の二段評価を行う理由が分かれば良いのであろう。

このように考え、「レビュー指摘密度」の評価指針の記述を見てみよう。

「密度が大きいときは、『プロダクトが悪い』と予測し、指摘内容を分析する。密度が小さいときは、『プロダクト品質が良い/レビューが不適切』と予測し、実情を調査する」と書かれている。

レビュー指摘件数と類似性があるのはこのうち後半部分である。
改めて引用して比較してみよう。

【レビュー指摘件数】
指摘件数が少ないときは、『プロダクトの品質が良い/レビューが不適切』と予測し、レビュー実施内容を調査する

【レビュー指摘密度】
密度が小さいときは、『プロダクト品質が良い/レビューが不適切』と予測し、実情を調査する

両者は、予測する内容は「プロダクト品質が良い/レビューが不適切」で同じ。しかし、調査内容が微妙に異なる。

【レビュー指摘件数が少ないとき】レビュー実施内容を調査する
【レビュー指摘密度が小さいとき】実情を調査する

調査するのは、指摘件数の場合「レビュー実施内容」であり、指摘密度の場合「実情」である。
この違いが、レビュー指摘件数とレビュー指摘密度を二段評価を行うべき理由であろう。

・・・しかし、この違いは何であろうか。
「レビュー実施内容」は「実情」に比べて範囲が限定的に読めはするが、どう限定的なのかはわからない。せめてこの違いが分かるようには記述してほしかったと言える。

« 【続定量的品質予測のススメ】 ピアレビューと公式レビューとが同程度の指摘密度で収束するとは | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること2 »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/44085620

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること:

« 【続定量的品質予測のススメ】 ピアレビューと公式レビューとが同程度の指摘密度で収束するとは | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 レビュー指摘件数を元に評価すること2 »