2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】 発注者のレビューへの協力 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 チェックリストの呪縛 »

2012年3月15日 (木)

【続定量的品質予測のススメ】 指標の定義の精緻化

定量的品質管理における精緻化というもの。

P85「対策3:設計プロセス・品質管理プロセスを見直す」に、「指標の定義があいまいな場合は、定量的品質管理を行っても有意なデータが集まらないので、問題があれば定義の精緻化を検討すべきである」と書かれている。

これは、多くの場合正しいと思う。
しかし、精緻な方向にばかり目が行くのは危険だと思う。

そもそも、考えている品質モデルが、想定している品質水準を満たすことが可能であると検証しているのであろうか。

モデル上可能な精度以上を求めて何かを精緻化することは、”多くの場合”間違っている(と思うのだが・・・違うかもしれない)。

「指標の定義があいまいな場合は、定量的品質管理を行っても有意なデータが集まらないので、問題があれば指標のモデルが想定する精度とのアンマッチがないか、もしくは定義の精緻化を検討すべきである」程度の記述の方が良いのではないだろうか。

精緻精緻と言って沼に陥らないために。

« 【続定量的品質予測のススメ】 発注者のレビューへの協力 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 チェックリストの呪縛 »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/43923589

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】 指標の定義の精緻化:

« 【続定量的品質予測のススメ】 発注者のレビューへの協力 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 チェックリストの呪縛 »