2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】人間の主観に基づくもの | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 正確な科学的・定量的分析の例は何があるのだろうか »

2012年2月23日 (木)

【続定量的品質予測のススメ】定量的情報活用の目的

P78「5.1 品質分析の実施」において上流工程の人間系対策を適宜迅速に判断するために、「定性情報に加え、分析の客観性を高め、精度の高い判断を行うために、『定量情報』も駆使する。すなわち、定性情報と定量情報を組み合わせて判断することが、本質的に重要である」とある。

後半はそうだと思う。
前半はどうだろうか。

定量的情報は、分析の客観性を高め、精度の高い判断を行うことに資するのであろうか。
そのような考えもあると思うが、一方で、定量的管理は、対象のうちのある特徴に着目して、それ以外を捨象して評価するものであるから、分析の客観性を高めることや、精度の高さというより、着目した特徴を誇張的に示すものであるという考え方もできる。

どちらもありうる考えだと思うが、前者で考える方が、定量的管理に対し信を置く割合が高い考え方であると思われる。

« 【続定量的品質予測のススメ】人間の主観に基づくもの | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 正確な科学的・定量的分析の例は何があるのだろうか »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/43890754

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】定量的情報活用の目的:

« 【続定量的品質予測のススメ】人間の主観に基づくもの | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 正確な科学的・定量的分析の例は何があるのだろうか »