2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標にコミットするということ | トップページ | 【しつこく信頼度成長曲線】 「どこが信頼度が成長しているの」への回答 »

2012年2月 9日 (木)

【続定量的品質予測のススメ】 品質目標の汎化と層別化

品質目標の設定は難しい。

定性的目標は、まあ良い(個人的興味の問題かもしれないけれど)。
問題は定量的目標の方。

P62には「品質目標を設定するたびに、実施プロジェクトごとにその特性に合った品質目標を算出するよりも、過去の類似プロジェクトの実績を参考にして設定する方が効率的である」とある。

一方、P61には「統計値は、過去のプロジェクトの実績を統計分析して得られた値であるから、たとえ同一プロジェクトでもそのまま現在のプロジェクトの目標として設定すべきではない」と書かれている。

P62の記述は、品質目標の汎化を、P61の記述はその層別化を言っているように思える。

これは繋がるのだろうか。

「実施プロジェクトごとに・・・算出するよりも、過去の類似プロジェクトの実績を参考にして設定する方が効率的である」のだけれども「同一プロジェクトでもそのまま現在のプロジェクトの目標として設定すべきではない」というのは、どう理解すればよいのだろうか。

細かい設定をしたいのならば・・・、したいのならば・・・ですよ(なぜか丁寧語)、それならば最初からプロジェクト毎に算出した方が良いように思うのだが・・・。

品質目標の設定は難しい。

« 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標にコミットするということ | トップページ | 【しつこく信頼度成長曲線】 「どこが信頼度が成長しているの」への回答 »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/43889054

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標の汎化と層別化:

« 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標にコミットするということ | トップページ | 【しつこく信頼度成長曲線】 「どこが信頼度が成長しているの」への回答 »