2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標の伸縮 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標にコミットするということ »

2012年2月 2日 (木)

【ソフトウェア開発の定量的管理】基準値と目標値

定量的管理において難しいのは、一度基準値を設定すると、開発者は設定前と同じ状態で開発できるわけではないということ。

別に「あるべき数値」になるように開発をするのであるから何ら問題はないと言うこともできる。ナイーブな人ならばそれで納得するであろう。

しかし、少し考えれば、この状態は悲観したくなるだろう。
基準値が目標値になると、統計的コントロールは非常に困難になる。なぜならば一旦定められた目標値に開発者は縛られるのだから。

よって、基準値設定は非常に慎重に行うべきであると考える。

とはいえ、目標値を定め管理することがビジネス上悪いというわけでもない。
単に統計的に妥当な数字ではないというだけのことだ。

定量的管理という点では、目標値という定め方は問題ないが、定量的品質予測という点では、それ以降の管理ができなくなる可能性が非常に高まるであろう。

基準値と目標値・・・同じように使ってしまいがちであるが、厳格に区別して考えるべきものである。

« 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標の伸縮 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標にコミットするということ »

ソフトウェア品質の虚像と実像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/43887855

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア開発の定量的管理】基準値と目標値:

« 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標の伸縮 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 品質目標にコミットするということ »