2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】 「できるだけ客観性があり」の良否 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標の伸縮 »

2012年1月26日 (木)

【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標

P60~61「適切な目標設定」について。

前半は、定量的品質管理における品質目標のあるべき姿について書かれている。
これはあるべき姿なので、そんなに簡単にできるのだろうかということはあるがそのままスルーする。

P61頭では
「実績データから得られた統計値に対し、品質目標は、
  ①実際のプロジェクトの特徴を分析して得た所見
  ②プロジェクトとしての到達意欲
の2つを加味して設定する。
」とある。

定量的品質目標と定性的品質目標を合わせた場合には、これはそのまま受け入れられよう。
しかし、本記述は定量的品質管理に関するものである。
定量的に意味のある①②とは何かを考える必要があろう。

本書では、これにつきページを割いて解説されているので、よく読み自組織でよく考えて対応すべきであろう。
プロジェクト目標値の設定…これは本当に難しいことであると思うから。

個人的には、プロジェクト目標値の設定は純粋に定量的方法で行うべきで、定性的なニュアンスを入れてはいけないと思う。しかし、それは非常に難しいと思う。

プロジェクト目標値の導入は理解はできる。しかし、現実にはしない方が良いのではと考える。
プロジェクト目標値を導入して上下限値幅を狭めようとするより広いままでよいのではないかと思うのである。

« 【続定量的品質予測のススメ】 「できるだけ客観性があり」の良否 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標の伸縮 »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/43832299

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標:

« 【続定量的品質予測のススメ】 「できるだけ客観性があり」の良否 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】 プロジェクト品質目標の伸縮 »