2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】定量データの問題を定性的な見解で覆い隠すことの是非 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】定量的管理とは何をすることなのか »

2011年5月24日 (火)

【続定量的品質予測のススメ】定量化に対する意識のレベル

P36に「表1 組織の定量化のレベルと企業文化」という段階モデルがある。

この段階モデルというのは、CMM(CMMI)がオリジナルであるが、組織の成熟を何段階のレベルに分けて達成度を評価するという手法。

これに功罪があることはよく言われていることである。
しかし、それらは大抵、確証に基づいた客観的評価をベースにしている。

ところが、「組織の定量化のレベルと企業文化」モデルは、「定量化に対する意識」が段階化されている。
理解できなくはない。しかし、このモデルは、なんとなく理解することは可能であるが、これに基づいた何らかの活動をすることはできないと考える。

特にレベル3とレベル4は、その説明として、
レベル3 : 定量化を行っているが、魂の入っていない組織
レベル4 : 魂の入った定量化を行っている組織
と書かれている。
もちろん「魂」の定義はない。

この表全体の言いたいことは理解できる。
しかし、これは、段階モデルで書く必要などない。
文章で十分書くことができるし、その方が却って内容を理解してもらえると思われる。

そもそも、定量的管理というのは数字に基いてバシバシ判断していくことであり、そういうもののレベルを評価するモデルに「魂」という全く定量化不能の精神世界の言葉を使うのは、潜在意識に訴える面でも逆効果ではないだろうか。

« 【続定量的品質予測のススメ】定量データの問題を定性的な見解で覆い隠すことの是非 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】定量的管理とは何をすることなのか »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/40001441

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】定量化に対する意識のレベル:

« 【続定量的品質予測のススメ】定量データの問題を定性的な見解で覆い隠すことの是非 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】定量的管理とは何をすることなのか »