2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】品質予測精度を見極める必要性 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】プロジェクト特性に応じたプロセス選択 »

2011年5月13日 (金)

【続定量的品質予測のススメ】プロジェクトの定義

P32「2.1品質管理のための組織的準備」において、品質に関する「知識を永続的に蓄積する役割として、ここでは『組織』という言い方をしているが、有志の社員1名でも構わない」と書かれている。

言いたいことは分かるが、これは適切な表現とは言えない。

組織として活動するのであれば、社員1名でもそれは「組織」と言ってよいのは当然である。
逆に、「有志の社員」という表現は、組織的としてではなく、関心のある社員が個人的に行うイメージが強い。

組織内で品質についての活動を行う社員が1名であっても良いと言いたいがために、組織としての活動でなくとも良いと捉えられる可能性のある表現となったのは惜しい。

それとも、著作者は、品質活動は組織的活動でなくとも良いと考えているのであろうか。
まさかそのようなことはないであろう。

« 【続定量的品質予測のススメ】品質予測精度を見極める必要性 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】プロジェクト特性に応じたプロセス選択 »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/39739494

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】プロジェクトの定義:

« 【続定量的品質予測のススメ】品質予測精度を見極める必要性 | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】プロジェクト特性に応じたプロセス選択 »