2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【続定量的品質予測のススメ】「リスクによっては」のリスクとは? | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】「レビューアが本来のレビューに集中できるようにすることが重要」の意図 »

2011年4月29日 (金)

【続定量的品質予測のススメ】レビューの専門知識を担保するための資格・認定制度とは

P28「1.3(2)設計レビューの要件」において「③一般的にレビューアは、もっている専門知識を資格・認定制度に結びつけて担保することが好ましい」とある。

この「専門知識を資格・認定制度に結びつけて担保」というのは何であろうか。
そもそも、レビューに必要な「専門知識」と一口に言っても、そのシステムが処理する業務に対する知識、システムに関する知識、システム開発に関する知識と少なくとも3つの分類はあろう。

このいずれの知識を言っているのか。もしくは、そのうちのどれかを言っているのか。
また、「資格・認定制度」は公的なものを言うのか、組織内のものを含むのか。
後者のような気もするが、本書での書き方ではあまりに抽象的なので、分からない。

専門知識を担保するための資格・認定制度の例がいくつか挙げられていれば良かったと思われる。

« 【続定量的品質予測のススメ】「リスクによっては」のリスクとは? | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】「レビューアが本来のレビューに集中できるようにすることが重要」の意図 »

続定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/39649408

この記事へのトラックバック一覧です: 【続定量的品質予測のススメ】レビューの専門知識を担保するための資格・認定制度とは:

« 【続定量的品質予測のススメ】「リスクによっては」のリスクとは? | トップページ | 【続定量的品質予測のススメ】「レビューアが本来のレビューに集中できるようにすることが重要」の意図 »