2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【リスク管理】リスク定量化の悩ましさ | トップページ | 【ソフトウェアメトリクスの基準値】ネジの基準値とソフトウェアの基準値 »

2011年3月 4日 (金)

【ソフトウェア開発プロセス】プロセス改善策が直ぐに出てくることの是非

ソフトウェア開発を行う組織において、毎期毎にプロセス改善点が提示され、改善されていくという組織。
これは良い組織なのだろうか。

安易に改善策が出過ぎているのではないかと疑う必要はないのであろうか。
メトリクス計測して改善策、障害分析して改善策、プロジェクト総括して改善策…改善策とはそう簡単に出てきて良いものなのだろうか。

これは、単に自分たちが事前に十分考えてから着手していないからではないのかと自問する必要はないのだろうか。
改善策が必要に応じてポンポン出てくるのはダメなことなのではないか。
なぜ「もう改善するところがない。どうしよう」とならないのか。

もちろん、アンテナ貼っているから「ああすれば良いのでは」「そういう手があるのか」という改善策が浮かぶというのは構わない。そうではなく、何か課題に直面した時に、こうすれば良くなると「容易に思いつく」ことは良くないのではないか…、なぜ事前に思いついていなかったのかと考えるべきではないか。

プロセス改善策がポンポン出てくるというのは、その「プロセス改善プロセス」自体を改善する必要があると考えることも必要なのではないか。

« 【リスク管理】リスク定量化の悩ましさ | トップページ | 【ソフトウェアメトリクスの基準値】ネジの基準値とソフトウェアの基準値 »

ソフトウェア品質の虚像と実像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/39068447

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア開発プロセス】プロセス改善策が直ぐに出てくることの是非:

« 【リスク管理】リスク定量化の悩ましさ | トップページ | 【ソフトウェアメトリクスの基準値】ネジの基準値とソフトウェアの基準値 »