2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【用語の名称統一】定義すればバラ色なわけではない | トップページ | 【リスク管理】リスク定量化の悩ましさ »

2011年2月22日 (火)

【ゾーン分析④】次元を増やしたら?

ゾーン分析の長所は、関連のある2つのメトリクスを組み合わせて評価することである。
これによりそれぞれを単独で評価するよりも真実の状況/状態を見ることができるというものである。

ならば、もっと次元を上げて3次元、4次元とすればより良いといえそうであるが、あまりみない(というか経験不足の私は見たことがない)。

人が理解できるのはせいぜい3次元で、一般的には2次元程度が良いということなのだろう。

しかし、次元をもっともっと増やしてコンピュータで解析すれば良いと思う。そうすれば意外な事実が見えるのではないだろうか。

とはいえ、ソフトウェア開発のメトリクス管理においては、残念ながらそれをする価値のある良質のデータを収集することが難しいのではないだろうか。
それに値するデータを有すると言われる方/組織は、ぜひ3次元以上のゾーン分析にチャレンジしていただきたい。

面白いとは思います。

« 【用語の名称統一】定義すればバラ色なわけではない | トップページ | 【リスク管理】リスク定量化の悩ましさ »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/38975573

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゾーン分析④】次元を増やしたら?:

« 【用語の名称統一】定義すればバラ色なわけではない | トップページ | 【リスク管理】リスク定量化の悩ましさ »