2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【可視化の罠】散布図やバグ増加実績に沿った線 | トップページ | 【ゾーン分析②】その魔力 »

2011年2月 8日 (火)

【ゾーン分析①】その魅力

ゾーン分析図。
ソフトウェア開発品質の分析においてはテスト密度とバグ密度のものが代表的活用例。

2つの異なるメトリクスの基準値達成/未達の評価を同時に行い視覚化するツールである。個々のメトリクスの下限値未満/基準値範囲内/上限値超過という3つの品質状態をそれぞれのメトリクスで組み合わせ、都合3×3=9のゾーンに分けることで、2つのメトリクスの視点を用いて複合的に品質状態を把握しようとするものである。

信頼度成長曲線と同じく理論の直観的理解は容易なのだが、運用にあたっては、なかなか悩ましいツールだと考える。

« 【可視化の罠】散布図やバグ増加実績に沿った線 | トップページ | 【ゾーン分析②】その魔力 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/38665714

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゾーン分析①】その魅力:

« 【可視化の罠】散布図やバグ増加実績に沿った線 | トップページ | 【ゾーン分析②】その魔力 »