2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ゾーン分析③】本当に分析を容易にするツールなのか | トップページ | 【ゾーン分析④】次元を増やしたら? »

2011年2月18日 (金)

【用語の名称統一】定義すればバラ色なわけではない

以前既に類似の内容を書いたが、再度。

開発に関わる用語の統一。
たとえばウォーターフォール開発の工程を様々な会社が参加しているプロジェクト参加者間で統一すること。

その重要性は理解できる。
同じ名称の語が、利害関係者で異なる意味で理解されると開発に悪影響を与える可能性が非常に高いと容易に想像できるから。

そして、これをいっそのこと業界内で統一してしまえば業界として非常に有益であろうということも理解しやすい。

しかし、だからといってそれを思いつた人が「これが統一定義なので以後これに基づいて使用するように」といっても統一されない。統一することが今の自組織の直接の利益となる理由を見出さないと使うモチベーションは上がらないであろう。
逆に自組織の直接の利益となる理由があれば、速やかに統一標準化が進むであろう。
この理由から、開発技術の統一は実施可能性は比較的高いが、開発プロセスの統一の実現可能性は高くなり難いであろう。

さらには、これら統一定義が関連業界内で複数出された場合、そもそもの趣旨に反するわけであるが、いったん複数出されたら、それを統合するのはかなりの困難を要するだろう。そして現実にこのような例は少なくない。

再度、単一の開発プロジェクトでの統一定義に立ち返る。
この場合は、開発プロジェクトを主導する組織が標準を定めることになるだろう。
しかし、これは統一されるとはいえ、人を長期間固定する開発でないのであれば、統一による利益と教育徹底の程度、そのコストを考えると楽観視はできないのではないだろうか。

« 【ゾーン分析③】本当に分析を容易にするツールなのか | トップページ | 【ゾーン分析④】次元を増やしたら? »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/38758710

この記事へのトラックバック一覧です: 【用語の名称統一】定義すればバラ色なわけではない:

« 【ゾーン分析③】本当に分析を容易にするツールなのか | トップページ | 【ゾーン分析④】次元を増やしたら? »