2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【メトリクスの基準値】ガラガラポン的基準値策定の妥当性① | トップページ | 【定量的管理随想】定量的管理の目的とソフトウェア開発の目的 »

2011年1月28日 (金)

【メトリクスの基準値】ガラガラポン的基準値策定の妥当性②

基準値を、集まったデータを元にガラガラポンで決めざるを得ないのは理解できなくはない。

ソフトウェア開発における品質メトリクス管理においては、そもそも同一のものを作るわけではない中で、ある特徴に絞って傾向があるものとして着目した1つ以上の計測項目を元に判断するものであり、それ以外の特徴を敢えて捨象するものだから、いちいち個別の事情は考えるべきでないかもしれない。

しかし、例えば以下のデータがあった場合、どれを基準値改定に用いるべきであろうか。

1.「テスト件数密度が基準値を大幅超」かつ「バグ摘出密度が大幅超」
2.「テスト件数密度が基準値を大幅超」かつ「バグ摘出密度が基準値内」
3.「テスト件数密度が基準値が基準値内」かつ「バグ摘出密度が大幅超」
4.「テスト件数密度が基準値を基準値内」かつ「バグ摘出密度が基準値内」

これに「1枚当たりレビュー時間密度」や「レビュー指摘摘出密度」が絡んで来たらどうだろう。
レビューの出来はテストに影響を及ぼすとかの関連があると考えてしまうと、「(対象とするメトリクス)以外の特徴を敢えて捨象」と一概に言い切れないと思えるのだが…。

どの工程で埋め込まれたバグなのかも考慮して考えるか?
これは言うは易し行うは難しだと思う。

結局頭が混乱するので、良く考える人もあまり考えない人も、結論としては、ガラガラポンで決めるということになるのだろう(?)。

このあたりにつき明快な運用を知っている方がいらっしゃればお教えいただきたい。

« 【メトリクスの基準値】ガラガラポン的基準値策定の妥当性① | トップページ | 【定量的管理随想】定量的管理の目的とソフトウェア開発の目的 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/38581613

この記事へのトラックバック一覧です: 【メトリクスの基準値】ガラガラポン的基準値策定の妥当性②:

« 【メトリクスの基準値】ガラガラポン的基準値策定の妥当性① | トップページ | 【定量的管理随想】定量的管理の目的とソフトウェア開発の目的 »