2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア開発のメトリクス】必然のデータと偶然のデータ | トップページ | 【ソフトウェア開発品質メトリクス】定義することはエイヤっと決めることではない »

2010年9月24日 (金)

【ソフトウェア開発品質】レビューチェックシートの活用

ソフトウェア開発における品質メトリクスの効用には、定められた基準値を開発者が意識することで開発時点での品質を高めることができるというものがある。
最低限これだけはやらないと品質保証チェックに引っかかるからやらなければという動機づけである。

基準値というものは、単純に数字で表され、分かりやすいため、定められれば誰でも容易に理解可能であるので効果が高いだろう。

では、同様の試みを、定性的な管理においてはできるのだろうか。

「○○を作成しなければならない」という定めとその確認というものもその1つであろうが、ここではレビューの観点について考えてみたい。

レビューにおいては「レビューの観点をまとめたチェックシートを用いて行うべし」と言われている。

このチェックシート、品質向上に効果があるのであれば、レビューの時に使うだけではもったいない。
開発者が、レビュー対象成果物を作成する際に、意識、もしくは都度確認するようにすべきである。

もちろん、セルフチェックなので甘くなることは仕方がない。
甘くはなろうが、だからといって、しない方が良いとは言えまい。
客観的な厳しいチェックはレビュー本番で行うことは仕掛けとしてあるのだから。

しかし、チェック項目について開発者が意識すべしというのは、メトリクスの基準値においてもそうだが、あまり声高に言われていないような印象である。成果物作成やテストの品質を正しく確認するためには、その手の内を明かさない方が良いという考えなのだろうか。

実際にはメトリクスについては、数字という分かりやすい基準があるので、声高に言わなくとも現場において意識されやすいが、レビューについてはそれほどではないのではないだろうか。

しかし、チェック項目は品質に重要な影響を与える項目だから挙げられているはずである。
よって、その項目を意識して開発することは、効率良く品質を向上させる1方法である。

レビューチェックシートは、レビュー時ではなくレビュー対象成果物を作成する時にこそ重要な意味を持つものであり、実際のレビューは、確認作業をしているにすぎないと考えるべきである。

« 【ソフトウェア開発のメトリクス】必然のデータと偶然のデータ | トップページ | 【ソフトウェア開発品質メトリクス】定義することはエイヤっと決めることではない »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/36914556

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア開発品質】レビューチェックシートの活用:

« 【ソフトウェア開発のメトリクス】必然のデータと偶然のデータ | トップページ | 【ソフトウェア開発品質メトリクス】定義することはエイヤっと決めることではない »