2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【定量的管理】上手なプロジェクト管理と上手なメトリクス管理 | トップページ | 【マネジメントと現場のための定量的管理】医者と肝臓の比喩 »

2010年8月31日 (火)

【システムと経営】経営とコンピュータシステムは切り離せないとは

「経営とコンピュータシステムは切り離せない」とよく言われる。

しかし、ここでいうコンピュータシステムとは何のことであろう。


1.経営のためのツール

2.業務運営のためのツール

両者は別物である。
しかし、1も2も合わせて「経営とコンピュータシステムは切り離せない」の文脈で語られることも多いのではないだろうか。

この混同は、大抵の場合困ることもないだろうが、「ビジネスアナリシス」とか「超上流」とかを考える場合、この区別は重要ではないか。

つまり、経営のためのツールと業務運営のためのツールでは、目的、目標の立て方が違う。
そして、目的、目標のレベルも違う。

一番意識すべきは、ユーザと経営目標との関係である。

「経営のため」と「業務運営のため」ではユーザが違う。

ユーザ企業のシステム部門やSIerは、業務運営のためのツールの要求定義以上の部分を行うことは可能であるが、経営のためのツールのそれは、現状の多くの組織において無理ではないだろうか。

なぜならそれは経営そのものであるから。

この部分は、結局戦略系のコンサルに頼らざるを得ないのであろうか。
それでは悲しい。

ここを自前で出来てこそ、「経営とコンピュータシステムは切り離せない」と言えるのではないだろうか。

« 【定量的管理】上手なプロジェクト管理と上手なメトリクス管理 | トップページ | 【マネジメントと現場のための定量的管理】医者と肝臓の比喩 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/36423676

この記事へのトラックバック一覧です: 【システムと経営】経営とコンピュータシステムは切り離せないとは:

« 【定量的管理】上手なプロジェクト管理と上手なメトリクス管理 | トップページ | 【マネジメントと現場のための定量的管理】医者と肝臓の比喩 »