2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版改訂情報】「要求」「要件」「ニーズ」はなぜ別々に定義される必要があったのか | トップページ | 【メトリクス活用】基準値未達時の対応 »

2010年6月 4日 (金)

【共通フレーム2007第2版改訂情報】「要求」「要件」「ニーズ」の交錯

引き続き「共通フレーム2007第2版改訂情報」について。

P12~13に、「『要求』と『要件』の概念整理に基づく用語変更」として初版と第2版における要求・要件・ニーズに対する変更点が書かれている。

これはちゃんと整理して公開したという点では評価できる。
しかし、内容的にはなぜそのように変えたのだろう、変える必要があったのであろうかと思える箇所もいくつかある。

1.「要求事項」と「要求」と「要件」
 P43「契約上の要求」は「契約上の要求事項」に変更されており、
 P43「システム要求事項」は「システム要件」に変更されている。

 「要求事項」は前者では採用され、後者では否定されている。

2.「要求仕様」は「要件」なのか「仕様」なのか
 P80「要求仕様を反映している」は「要件を反映している」に変更されている。
 P83「要求仕様の変更」は「仕様変更」に変更されている。

 後者はなぜ「要件変更」ではダメだったのであろうか。

上記2つについては何故なのか変更履歴に説明が欲しいところ。

« 【共通フレーム2007第2版改訂情報】「要求」「要件」「ニーズ」はなぜ別々に定義される必要があったのか | トップページ | 【メトリクス活用】基準値未達時の対応 »

共通フレーム2007第2版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/34960813

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007第2版改訂情報】「要求」「要件」「ニーズ」の交錯:

« 【共通フレーム2007第2版改訂情報】「要求」「要件」「ニーズ」はなぜ別々に定義される必要があったのか | トップページ | 【メトリクス活用】基準値未達時の対応 »