2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【生産性向上】調達側からみた生産性向上の意味③ | トップページ | 【定量的管理】ソフトウェアメトリクスの業界基準はないのか!? »

2010年5月 7日 (金)

【ソフトウェア開発メトリクス】単純化して考えることの意味【再考】

ソフトウェア開発におけるメトリクス管理の肝は、
   複雑なソフトウェア開発において、
   
その開発状況を一面から見ることで、
   単純化し
定量的に把握すること
にあるはずである。

故に、単純化し定量的に把握することの意味と価値を台無しもしくは無効化する活用法しか考えられないメトリクスに価値は無いのではないだろうか。

例えば、「このメトリクスだけで判断するのはダメ」の様な留保は、ではどうすれば良いかについてまで論理的に表現、少なくとも方向性は出さないと、実際に使いようがない。

「このメトリクスだけで判断するのはダメ」というメトリクスを100個組み合わせても、それで良いのかダメなのか分からないのでは、実施する意義を見出せない。

例えば、テスト実施件数が少ないかどうかは、本当のところ、テスト実施者の本心を聞いた方が、実施件数を開発規模(これが既に確定的に計測できるものでは無い)で割ったものをニラんでうなるより、よほど効果があるのでは無いだろうか。

先進的開発組織であれば取り組めばよいが、未だメトリクス管理実施前でも開発手順に改善の余地がある組織は、まず見えている改善に取り組んでからメトリクス管理を始めれば良いのではないか。

そのうちに「定量的管理の定石」が出てくるであろうからそれを待って開始すればよかろう(個人的には出ないと思っているが。またひょっとして寡聞にして私が知らないだけで既に存在しているのかもしれない)。

「定量的管理の定石」…これは、誰もがその通りに実施すればソフトウェア開発の定量的管理ができるようなもの。もちろん「その通り」にはテーラリングが必要であっても構わない、というかおそらくそれは必須だろう。

« 【生産性向上】調達側からみた生産性向上の意味③ | トップページ | 【定量的管理】ソフトウェアメトリクスの業界基準はないのか!? »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/34380962

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア開発メトリクス】単純化して考えることの意味【再考】:

« 【生産性向上】調達側からみた生産性向上の意味③ | トップページ | 【定量的管理】ソフトウェアメトリクスの業界基準はないのか!? »