2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア開発メトリクス】単純化して考えることの意味【再考】 | トップページ | 【ソフトウェア開発品質改善】チェックリストはユーザに対する背任行為 »

2010年5月25日 (火)

【定量的管理】ソフトウェアメトリクスの業界基準はないのか!?

今日もこの世界の誰かがどこかでわめいているであろう言葉として「ソフトウェアメトリクスの指標値の業界基準みたいなのはないのか!?」を挙げても、この業界の人であれば反論しないであろう。

これは全く無いというわけでじゃない。
そのようなデータを商売道具にしている会社は現に存在する。

しかし、それをそのまま自社の開発指標として使うこは大抵の開発者/PMにとって違和感を覚えることのはず。

さて、先の質問は、大抵の場合、「システム、プロジェクト毎の特性から異なるべきもの」という言い訳の下、「そのようなものは無いし、あっても特性の考慮がなければ精緻な管理には使えない」と答えられることが多いだろう。

しかし、別に「システム、プロジェクト毎の特性」を鑑みたところで、「精緻な管理には使えない」というのが正解ではなかろうか。
そうでなければ、「システム、プロジェクト毎の特性」に対応する厳格なマニュアルというものが、この世に存在するであろうが、見たこと無い。

となると「システム、プロジェクト毎の特性」への対応自体があやふやなわけで、これではどうして「精緻な管理」ができようか。

逆に、「ソフトウェアメトリクスの指標値の業界基準みたいなのはないのか!?」は、真理をついた問いかけではないかと考える。

この問いかけをしている人は、基準が欲しいのではない。
このメトリクスを使って厳格な管理がしたいと言っているだけなのだ。
この人にとっては、業界基準値がなくとも、システム、プロジェクト毎の特性に応じた基準値の明確な策定方法が定義されていれば満足であろう。

ここに気づかず、「システム、プロジェクト毎の特性から異なるべきもの」と答えて「これだから分かっていないヤツは・・・」みたいに言ってはならない。

細かく考えれば精緻というわけではないのだから。

« 【ソフトウェア開発メトリクス】単純化して考えることの意味【再考】 | トップページ | 【ソフトウェア開発品質改善】チェックリストはユーザに対する背任行為 »

ソフトウェア品質の虚像と実像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/34841474

この記事へのトラックバック一覧です: 【定量的管理】ソフトウェアメトリクスの業界基準はないのか!?:

« 【ソフトウェア開発メトリクス】単純化して考えることの意味【再考】 | トップページ | 【ソフトウェア開発品質改善】チェックリストはユーザに対する背任行為 »