2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 美味しいソフトウェア(1) | トップページ | コンサルに実務経験は必要か »

2010年4月16日 (金)

美味しいソフトウェア(2)

美味しいソフトウェアか否かを「ユーザビリティ」の言葉で語り切ってしまうことはできるだろうか。

「ユーザビリティ」の定義次第ということはできる。
しかし言葉遊びに陥って、結局意味は無いかもしれない。

ソフトウェアの美味しさは、ウォーターフォール開発では最後まで分からないというのがステレオタイプ的な考え方だろう。
そして、だからアジャイルで実施すべきだ…と。

しかし、アジャイルも全体最適の観点から見て視野狭窄が起きる可能性が否定できないのではなかろうか。

ソフトウェアの美味しさとはどういうものかを考えてみることは意義が有るのでは無いだろうか。

そしてこれは、人により考えが異なってよいものであると考える。

« 美味しいソフトウェア(1) | トップページ | コンサルに実務経験は必要か »

ソフトウェア品質の虚像と実像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/34078713

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しいソフトウェア(2):

« 美味しいソフトウェア(1) | トップページ | コンサルに実務経験は必要か »