2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア開発の定量的管理】できるのはそんなものという割切り | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】ベースラインについての記述変更 »

2010年3月 3日 (水)

【共通フレーム2007第2版】V字モデル再び(適格性確認)

P251「図4-10 適格性確認要求事項と適格性確認テストとの関係」では、またしてもV字モデルが出てくるが、旧版とは異なりそのページの完全オリジナルなV字ではなく、P22「図2-2 品質保証の観点からの設計とテストの対応関係」に似た図となっている。
図2-2を用いているわけではない。なぜかやはり図4-10は図4-1-でオリジナリティが加えられている。

なぜ共通フレームでは、V字モデルを統一しないのであろう。
意図的にばらばらにしているとしか思えない。

図2-2と図4-10を比べてみていただきたい。
そこに共通フレーム策定者の何らかの意図は見えるであろうか。

« 【ソフトウェア開発の定量的管理】できるのはそんなものという割切り | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】ベースラインについての記述変更 »

共通フレーム2007第2版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/33191536

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007第2版】V字モデル再び(適格性確認):

« 【ソフトウェア開発の定量的管理】できるのはそんなものという割切り | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】ベースラインについての記述変更 »