2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版】「管理資産プロセスの概要」の大幅変更 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】公平なコミュニケーションの経路と制度 »

2010年3月15日 (月)

【ソフトウェア品質への期待】漠然と「高度なソフトウェア開発/品質管理をしてくれ」と言われたら

顧客でもユーザ部門からでもよいが、「高度なソフトウェア開発/品質管理をしてくれ」と依頼されたら何をすべきだろうか。

SI会社にとってこの漠然とした問いはきついはず。

もちろんそれまでに付き合いがあれば、それを元に向上案を出すという方法が考えられなくもないが、「高度」みたいな語に込められる「レベル感」というものは曲者である。
初めて関係を持とうとする相手にこれを言われたら、一層難しいものであろう。

まずその問いの真意を聞かねば始まらない。
しかし、
質問に質問返しで答えられそうで難しい。

「なぜ高度な管理を・・・と考えられるのですか?」なんて無防備に聞こうものなら失敗するだろう。
「SIは経営に大きな位置を占めると言われていますよね。でもわれわれはどうすればわからないのです。どうすれば良いですかね」などと返されたら、きつい(と個人的に思う。逆に、それで待っていましたとばかりに回答できるSIerはそういう営業をすべき)。

自組織において、今やっていること、これからやること、やりたいことを常日頃から纏めておくことは重要なことであろう。
後、アンテナ立てて競合レベルの他社状況を把握しておくことも必要であろう。

アドバンスな他社ではなくあくまで自社との競合レベルの他社で構わないだろうが。

« 【共通フレーム2007第2版】「管理資産プロセスの概要」の大幅変更 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】公平なコミュニケーションの経路と制度 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/33671623

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア品質への期待】漠然と「高度なソフトウェア開発/品質管理をしてくれ」と言われたら:

« 【共通フレーム2007第2版】「管理資産プロセスの概要」の大幅変更 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】公平なコミュニケーションの経路と制度 »