2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版】「契約準備・締結・更新」から「締結」が落ちた理由 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「契約の変更管理プロセス」の細かい変更 »

2010年2月22日 (月)

【ソフトウェア開発の生産性】厄介なパラメータ・・・要員のやる気なるもの

生産性。頑張る時もあればサボるときもある人の特性を含む活動を、定量的に把握するためにはどのような統計的もしくは算術的処理をすべきか。

考慮すべきパラメータはざっとみても沢山ある。やる気、残業時間、個人差、プロジェクトの状況や時期、要件変更の頻度や時期…キリがないが、どれも生産性に大きな影響を及ぼすように思える。

そして一番厄介なのはやる気だと考える。
プロジェクト初期は余裕持って臨んで、末期に徹夜してなんとか間に合ったと言っている組織に生産性管理の導入は早い(とはいえこれは現在の大多数の組織がそうかもしれない。というか人間の性として永久になくならないかもしれない)。
まずは定性的管理を。PMはこのあたりを平準化してメンバーを導くことがプロジェクト管理と定量的管理の共存点かもしれない。

生産性管理の導入が早いというのはプロジェクト管理の視点での話であり、財務視点の管理は当然必要。

工業製品の製造は組立ラインの速度といったペースメーカーがあるので人の作業が関与しても生産性を把握しやすい。如何に人の作業を速くするかで速度が決まる世界。
究極は全自動化。一方ソフトウェア開発にはこのようなペースメーカーはない。計画はあるが流れ作業ではないので緻密な管理はできない。

« 【共通フレーム2007第2版】「契約準備・締結・更新」から「締結」が落ちた理由 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「契約の変更管理プロセス」の細かい変更 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/33361031

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア開発の生産性】厄介なパラメータ・・・要員のやる気なるもの:

« 【共通フレーム2007第2版】「契約準備・締結・更新」から「締結」が落ちた理由 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「契約の変更管理プロセス」の細かい変更 »