2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版】「選ばれた」と「選定された」の使い分け | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】再利用関連の役割 »

2010年2月 2日 (火)

【共通フレーム2007第2版】「標準は・・・標準として決めてある必要はない」の解消

P203「ガイダンス 3.3.3.3」において旧版では「組織のプロセス標準は、修正し、定義されたプロセスを指し、組織で標準として決めてある必要はない」と書かれていた。

標準として決めてない標準?
良くわからない文章。

これが第2版では修正されている。
「組織のプロセス標準は、修正し、定義されたプロセスを指し、組織でプロセス標準を決定していることが望ましい」

矛盾的記述は解消されたように見えるが、これも分かりづらい。

結局、組織のプロセス標準はなくても良いといっているのだろうか。
また、定義されただけで修正されていないプロセスは「組織のプロセス標準」ではないのだろうか。

望ましいのは「プロセス標準を決定していること」なのか「組織で決定していること」なのか。

読み込みが足りないだけなのだろうか・・・。

« 【共通フレーム2007第2版】「選ばれた」と「選定された」の使い分け | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】再利用関連の役割 »

共通フレーム2007第2版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/33137482

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007第2版】「標準は・・・標準として決めてある必要はない」の解消:

« 【共通フレーム2007第2版】「選ばれた」と「選定された」の使い分け | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】再利用関連の役割 »