2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版】句の入れ替えの意味 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「用語は残らず定義」の理想と現実 »

2010年1月15日 (金)

【共通フレーム2007第2版】「望ましい」から必須事項への変更

P112「1.5.1.6 要件定義プロセス実施計画の作成」において、

旧版では、
「・・・この計画には、標準、方法論、手順、及び関係者間の要件定義に関する役割分担(要件ごとの責任の所在を含む)を記載することが望ましい」

となっていた箇所が、

第2版では、
「・・・この計画には、標準、方法論、手順、及び関係者間の要件定義に関する役割分担(要件ごとの責任の所在を含む)を決定して、記載する」

と変更されている。

これは妥当であろう。
共通フレームの位置付けとして、「望ましい」という語は使うべきではないから。

« 【共通フレーム2007第2版】句の入れ替えの意味 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「用語は残らず定義」の理想と現実 »

共通フレーム2007第2版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/32963644

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007第2版】「望ましい」から必須事項への変更:

« 【共通フレーム2007第2版】句の入れ替えの意味 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「用語は残らず定義」の理想と現実 »