2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版】ドメインアーキテクチャ」と「ドメインの基本構造」 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】要件と要求〜主観的定義の限界? »

2009年12月15日 (火)

【共通フレーム2007第2版】品質要求事項とは、ISO9000シリーズを指す・・・わけではなくなった

P51において共通フレームの適用例に触れて、「ISO9001に基づいた要求事項をインプットとして、共通フレームを修正する場合もある」と書かれている。

これは、旧版では「品質要求事項とは、ISO9000シリーズを指す。ISO9001は品質マネジメントシステムに対する要求事項を規定している。こういったものをインプットとして、共通フレームを修正することになる」と記述されていた。

旧版では、ISO9001を絶対視していた印象であるが、第2版ではISO9001も1つの方法であるというに留めている。

妥当な修正であろう。

旧版の言い方では「品質要求事項とは、ISO9000シリーズを名指しし、しかもこれをインプットとして、共通フレームを修正することになるのならば、最初から共通フレームを修正しておいてくれよ」という声が聞こえてしまうだろうから。

« 【共通フレーム2007第2版】ドメインアーキテクチャ」と「ドメインの基本構造」 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】要件と要求〜主観的定義の限界? »

共通フレーム2007第2版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/32609790

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007第2版】品質要求事項とは、ISO9000シリーズを指す・・・わけではなくなった:

« 【共通フレーム2007第2版】ドメインアーキテクチャ」と「ドメインの基本構造」 | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】要件と要求〜主観的定義の限界? »