2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007第2版】ユーザビリティによる差別化は実は厳しい | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「要求」と「要件」① »

2009年11月27日 (金)

【共通フレーム2007第2版】要求/要件/ニーズの関係

P35において、「②ニーズ」が次のように説明されている。

「要求/要件以前のステークホルダの意図、要望、思い、夢などである。必要性が十分検討されていないか、曖昧な状態のものである。企画プロセスや要件定義プロセスは、ニーズを十分検討し、要求/要件まで変換するプロセスと考えられる」。

さて、旧版においては、「要求」が「システム化されるかどうかはまだ決まっていない状態にある要望事項」となっている。

難しい。

第二版では、ニーズの一つとして「要求/要件以前のステークホルダの要望」が挙げられている。
一方、旧版では、要求が「…システム化されるかどうかはまだ決まっていない状態にある要望事項」と定義されている。

「要望」をキーに考えると、旧版でいう「要求」は、第二版でいう「ニーズ」の一部と思われるが…。

そう考えると、第二版の要求・要件の定義変更とあいまって、旧版中の「要求」「要件」の記述は、第二版では意味が異なるので、共通フレーム準拠をうたうプロセスは、すべての「要求」「要件」「ニーズ」に対する記述について見直す必要が生ずる(まあ、普通はそんなことはしないと思うが、本来的にはすべき)。

この「ニーズ」という概念の定義は第二版で追加されたものだ。
要求、要件の定義変更に伴い旧版では要求が担っていた部が「ニーズ」となったと考えられる。

しかし、旧版の「要求」の全部が「ニーズ」になったのか、一部が切り出されただけなのか、第二版の記述だけではわからない。

さらに理解を難しくさせるのは、次の記述があることである。

「(注)ニーズと要求/要件は、プロセスによって相対的なものである。企画プロセスは、経営や市場のニーズから事業要件を導く。事業要件は、次の要件定義プロセスにとってはニーズであり、このプロセスでさらに検討を重ねて業務要件を作り上げる」。

このような注を入れてしまうと、わざわざ「要求」「要件」「ニーズ」と3つも定義する意義が分からなくなる。

「要求」「要件」の二つで十分ではなかろうか。

そもそも「要求」「要件」さえ、英語では同じ「requirement」の訳なのだから。

少なくとも、用語の定義であるこの部分で「ニーズと要求/要件は、プロセスによって相対的なものである」と書かれてしまうと、それ以降どう読めば良いか戸惑うのではないだろうか。

« 【共通フレーム2007第2版】ユーザビリティによる差別化は実は厳しい | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「要求」と「要件」① »

共通フレーム2007第2版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/32305558

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007第2版】要求/要件/ニーズの関係:

« 【共通フレーム2007第2版】ユーザビリティによる差別化は実は厳しい | トップページ | 【共通フレーム2007第2版】「要求」と「要件」① »