2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【定量的管理雑話】「測る企業は成功率が2倍に」をもう少し考える | トップページ | 【定量的管理雑話】定量的管理を信じない人が定量的管理推進を命じられたら »

2009年10月27日 (火)

【定量的管理雑話】言い訳のネタ集めとしての定量化

定量的管理は言い訳のネタ集めとして割り切ると先が開けてくる。

散々仕様変更飲まされたのに期限にバグが多かったり間に合わなかったりしたら叩かれる。しかしその変更依頼日や内容、プロジェクトへの影響が記録されていれば大丈夫。対抗できる。

しかし実は定量的データ集めの実務メリットはそれだけではない。

次からの見積もり時に、仕様変更の多さ等のプロジェクトに影響を与える特性を最初から加えることができる点だ。ここを平和的にまとめることができれば、次からはプロジェクト中の説明さえ減らすことができよう。

しかし、これはおそらく「便宜上」の定量管理であって、真の意味での改善につながる定量化ではないだろう。

« 【定量的管理雑話】「測る企業は成功率が2倍に」をもう少し考える | トップページ | 【定量的管理雑話】定量的管理を信じない人が定量的管理推進を命じられたら »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/31816937

この記事へのトラックバック一覧です: 【定量的管理雑話】言い訳のネタ集めとしての定量化:

« 【定量的管理雑話】「測る企業は成功率が2倍に」をもう少し考える | トップページ | 【定量的管理雑話】定量的管理を信じない人が定量的管理推進を命じられたら »