2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【定量的管理と定性的管理に優劣はあるのか②】定量的管理の先にあるもの | トップページ | 【定量的管理雑話】ロジックの理論的裏付けの弱さを収集・管理ツールで補うことはできない »

2009年10月10日 (土)

【定量的管理あれこれ①】ソフトウェアの定量的管理とPMBOKとの両立

ソフトウェアの定量的管理とPMBOKというかプロジェクトマネジメントは両立するか。
マネジメント能力に開発の成否が左右されるなら定量的管理など意味がなくなるはず。

このあたり整理が必要。

プロマネは計画を立てて管理するのであるが、実際のところソフトウェア開発において失敗プロジェクトがあとをたたない。ここに定量的管理を持ち込めば成功するのか。
それとも定量的管理を既にしていてダメなのか。定量的管理ができない分野があって、かつそこが成否のキーなのか。おそらく一面では全てが正しいであろう。

生産性…、頑張る時もあればサボるときもある人の特性を含むこの活動を、定量的に把握するためにはどのような統計的?もしくは算術的?処理をすべきか。

考慮すべきパラメータはざっとみても沢山ある。やる気、残業時間、個人差、プロジェクトの状況や時期、要件変更の頻度や時期…キリがないが、どれも生産性に大きな影響を及ぼすように思える。

そして一番厄介なのはやる気。プロジェクト初期は余裕持って臨んで、末期に徹夜してなんとか間に合ったなどという組織に生産性のメトリクス管理は早い(とはいえ現在の多くの組織がそうである気もするが)。

まずは定性的管理をしっかり行う。
PMはこのあたりに重点を置いて作業を平準化してメンバーを導くことがプロジェクト管理と定量的管理の共存点かもしれない。

以上のような書きぶりでは、全然うまく伝えられていないと思うが、このあたり既にどなたかが整理されているのだろうか。

« 【定量的管理と定性的管理に優劣はあるのか②】定量的管理の先にあるもの | トップページ | 【定量的管理雑話】ロジックの理論的裏付けの弱さを収集・管理ツールで補うことはできない »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/31730827

この記事へのトラックバック一覧です: 【定量的管理あれこれ①】ソフトウェアの定量的管理とPMBOKとの両立:

« 【定量的管理と定性的管理に優劣はあるのか②】定量的管理の先にあるもの | トップページ | 【定量的管理雑話】ロジックの理論的裏付けの弱さを収集・管理ツールで補うことはできない »