2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは①】たとえ話~ソフトウェアと肖像画の生産性 | トップページ | 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは③】LOCで測る生産性 »

2009年6月 5日 (金)

【ソフトウェア生産性の定量的管理とは②】ソフトウェアの生産性定量化で何を把握したいのか

他にないから仕方がない…。
「製造量/工数」といった、大量生産される工業製品の生産性指標を、1つとして同じではないソフトウェアの生産性評価に適用する際に言われることである。

次善の策というわけであるが、本当に次善たりうるのだろうか。

そもそも、ソフトウェアの生産性とは何であろうか、生産性を定量化することで何を把握したいのだろうか。

人月の弊害が叫ばれて久しい
といえば、
そうは言っても人月は簡単に比較的精度高く測れるよ
と返ってくる。

SLOCのメトリクスのベースに使うことの違和感もあちこちで言われている
といえば、
しかしSLOCはツールで確実に測れるではないか。
と返される。

だから、生産性は、
   SLOC/投入人月
で測るしかない…と言って良いのか。

生産性の定量化。
そもそもこれで何をしたいのであろうか。

« 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは①】たとえ話~ソフトウェアと肖像画の生産性 | トップページ | 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは③】LOCで測る生産性 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/29807823

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは②】ソフトウェアの生産性定量化で何を把握したいのか:

« 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは①】たとえ話~ソフトウェアと肖像画の生産性 | トップページ | 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは③】LOCで測る生産性 »