2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア開発における生産性①】簡単な生産性向上策① | トップページ | 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは①】たとえ話~ソフトウェアと肖像画の生産性 »

2009年5月29日 (金)

【ソフトウェア開発における生産性②】簡単な生産性向上策②

そもそも品質は品質、生産性は生産性と分けて考えると、スパゲッティプログラムを一生懸命レビュー、テストするという沼にはまることは十分ありえる。
なぜなら、生産性は単独で評価されるのであるから、それはそれで向上したくなる。

しかし、品質もコストも開発期間も全部ばらばらに定量的な改善を求めることは欲張りである。
例えば、自動車で、速くて安全で広くて小回りがきいて、安いものを、一気に求めるのは無謀だと思わないだろうか。

どれかを立てれば、どれかを犠牲にする方が定量的管理・改善においては妥当だと思われる。

もちろん、全てを抜本的に改善することはあり得るが、これは、パラダイムシフトであり、定量的管理・改善とは別物である。

やはり、定量的管理においては、品質は品質、生産性は生産性と分けて考えてはいけないのであろう。
どうすればよいのか。
最も簡単なのは、ゾーン分析的アプローチになるのであろうか。

しかし、単純に品質指標と生産性指標を組み合わせたところで、複雑な開発作業を上手く言い表せるとは限らない。
両者を個別に評価するよりマシな可能性があるというだけである。
では、組み合わせる指標を増やして3次元、もしくは4次元で評価すればよいのか。

最初に立ちかえって考えてみる。
生産性にしろ、品質指標にしろ、指標と言うものは、複雑なソフトウェア開発という作業および成果物の状況を、その状況を特徴的に表すと思われるいくつかの基本測定量の組み合わせによって単純化して表すものである。

目的が指標値の改善であるならば、状況を特徴的に表さないと思われるものは、指標値の改善を考えれば、無視してよいことになる。
しかし、指標値の改善が最終的な目的であるとは思えない。

生産性を上げるということがなぜ必要かを考え、そのなぜに答える改善策を定性的に考えることもした方が良いのではないだろうか。
指標と言う単純化のせいで指標値の改善が目的化することは容易に陥る過ちである。

先の①~③の例に対し「なんて、おかしな例なんだろう…」と言う方も多いだろうが、自組織において類似のことを行っていないか詳細にチェックしてみたら、驚きの結果となる組織も多々あるのではないだろうか。

« 【ソフトウェア開発における生産性①】簡単な生産性向上策① | トップページ | 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは①】たとえ話~ソフトウェアと肖像画の生産性 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/29807762

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア開発における生産性②】簡単な生産性向上策②:

« 【ソフトウェア開発における生産性①】簡単な生産性向上策① | トップページ | 【ソフトウェア生産性の定量的管理とは①】たとえ話~ソフトウェアと肖像画の生産性 »