2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑤】1つ目の仮定:J-M(Jelinski-Moranda)モデルの仮定② | トップページ | 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑦】2つ目の仮定:欠陥発見数モデルの基本的な仮定(Goel, 1985) »

2009年3月20日 (金)

【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑥】1つ目の仮定:J-M(Jelinski-Moranda)モデルの仮定③

以上から、
  2.故障はランダムに起こる--故障間隔は独立である。
  3.全ての欠陥は故障発生に等しく寄与する。
の2つは、特に満足することが難しい仮定であることがわかる。

そして、達成が絶望的に難しい仮定でありながら、この2つは、曲線がモデル通りに寝ていくための必須条件であるのである。

J-M(Jelinski-Moranda)モデルの5つの仮定を満たせば、モデルに従った綺麗なカーブを描きますよといわれても、開発現場において、では全部満たした上で採用しようかとはなかなか言えないと思う。

尚、書籍「ソフトウェア品質工学の尺度とモデル」に挙げられているが、上の5つの条件のうち、3.の制約を克服するためにLittlewoodのモデルが、Goel-Okumotoの不完全デバッキングモデルが4.,5.を改善しようとして提示されている。
ただ、プログラム中の欠陥のばらつきや数については、統計技術で収束できるかもしれないが、テスト工数・テスト時間というものは「テスト実施者個々の能力」「テスト実施者のやる気」により、同じことを同じレベルで実施するにしても大きなばらつきがあるように思えるので、ここの部分を統計的に収束させることは難しいのではないかと考える。

« 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑤】1つ目の仮定:J-M(Jelinski-Moranda)モデルの仮定② | トップページ | 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑦】2つ目の仮定:欠陥発見数モデルの基本的な仮定(Goel, 1985) »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/28626599

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑥】1つ目の仮定:J-M(Jelinski-Moranda)モデルの仮定③:

« 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑤】1つ目の仮定:J-M(Jelinski-Moranda)モデルの仮定② | トップページ | 【ソフトウェア信頼度成長モデルを少しまじめに考える⑦】2つ目の仮定:欠陥発見数モデルの基本的な仮定(Goel, 1985) »