2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力①】一段深く想像力を働かせる必要性 | トップページ | 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力③】想像力について始めに立ち戻って再考 »

2009年1月30日 (金)

【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力②】想像力を働かせる上で注意すべき点

ここで間違いやすいのは、データがたくさん集まれば、全体としては収束するであろう、という考えだ。
考え方としてはその通りだと言えるが、収束すると言えるほど実測データは取れるのだろうか。
加えて、管理図の下限上限の値の差が2倍かそれ以上担ったとした場合に、それで生産性を定量的に管理していると言ってよいものなのだろうか。
数学的にその通りということと、それが実際の管理上、何に役立つかは別である。

組織のカルチャーとして、「計測してみたけど、有意な結果が得られなかったのでこの品質評価モデルは捨てて、別のモデルをやってみよう」と言える組織であればよいが、やってみたけど、有意な結果が得られなかったとなったら経営層を始めとして周囲から集中攻撃されるような組織では、計測値に対する深い想像力がなければ上手く進められない。

もう一つ間違いやすいのは、では計測項目を増やせばよいのではないかという考えだ。
先の生産性のケースでは、生産量と工数だけでなく、難易度や担当者の能力も係数として加味した上で導出した値で評価しようという考え方や、生産性は、難易度別・担当者の能力別に定めようという考え方だ。

前者の考え方には、難易度や担当者の能力を数値的に表すことができるのかという問題がある。
前者では、難易度や担当者の能力を5段階にランク付けする等は行われがちであるが、これは、あくまでそうみなすと言うことであり、客観的厳密性に欠ける。しかし、ひとたびランク付けされたら、それ以降はなぜか厳密な数値として取り扱われてしまうことになりがちである。
しかし、ランク付けという乱暴な補正係数を含んで導出された値は、そもそも管理精度が高いとは言えない。

後者の考え方には、それだけ細かく分類して、それぞれの分類において有意な数のデータが集まるかという・問題がある。

仮定やみなしに基づいた補正係数等を施して導出された値は、見積もりの上では顧客もしくはユーザに、納得させると言う意味で有用ではあろうが、開発が進んでいるときの定量的管理指標値としては、通常は妥当ではない、もしくは精度はそれなりであると考えるべきである。

« 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力①】一段深く想像力を働かせる必要性 | トップページ | 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力③】想像力について始めに立ち戻って再考 »

ソフトウェア開発品質・生産性私見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/27551196

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力②】想像力を働かせる上で注意すべき点:

« 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力①】一段深く想像力を働かせる必要性 | トップページ | 【ソフトウェア品質の定量的管理における想像力③】想像力について始めに立ち戻って再考 »