2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【定量的品質予測のススメ】レビュー指摘件数の絶対値による評価とは | トップページ | 【定量的品質予測のススメ】レビューメンバの能力が高い確率で3σに収まる組織であれば・・・ »

2008年11月25日 (火)

【定量的品質予測のススメ】チームごとの能力はほぼ一定とみなしてよいか

P49「3.1.7 事例:レビュー不足の予測&是正」の「(2)考え方」において「そのサブシステムやアプリケーション単位のチームメンバは同一なので、チームごとの能力はほぼ一定となる」とある。

一方、P20「コラム モデル化時の注意点」において「ソフトウェア開発では複数の要因(特に人的要因)が大きく影響するため、測定値に大きなバラツキが出る(すなわち分布の山がなだらかな)傾向が有り、しかも正規分布にならない場合が多い。したがって、実際の現場では管理限界±3σでは範囲が広過ぎて利用できないことが多い」と書かれている。

P49は例なのだから、この例の組織では、「人的要因は大きな影響を与えず、測定値に大きなバラツキが出る傾向はない」というのかもしれないが、この例を真似て品質予測をしようとする組織がいないとも限らない。

「サブシステムやアプリケーション単位のチームメンバは同一なので、チームごとの能力はほぼ一定となる」は、いつでもどの組織でも当てはまるものではない。

P20のことを考慮して、自組織が人的要員は小さいと判断できるのであれば採用して良いかもしれないが、小さいと言えるか分からないときは鵜呑みしてはならない。

P43「(2)レビュープロセスの評価(現工程)」の「最初のドキュメントのレビュー実績(3回以上)を使用して標準偏差を算出し」と、たった3データで標準偏差をとって管理を始めることを推奨しているのだから、本書の立場では、「サブシステムやアプリケーション単位のチームメンバが同一ならば、チームごとの能力はほぼ一定となる」ということは汎用的に当てはまるとしているのかもしれない。

« 【定量的品質予測のススメ】レビュー指摘件数の絶対値による評価とは | トップページ | 【定量的品質予測のススメ】レビューメンバの能力が高い確率で3σに収まる組織であれば・・・ »

定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/25566531

この記事へのトラックバック一覧です: 【定量的品質予測のススメ】チームごとの能力はほぼ一定とみなしてよいか:

« 【定量的品質予測のススメ】レビュー指摘件数の絶対値による評価とは | トップページ | 【定量的品質予測のススメ】レビューメンバの能力が高い確率で3σに収まる組織であれば・・・ »