2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「契約」がなくとも実施すべきことと「契約」がなければ実施しなくとも良いこと | トップページ | 【共通フレーム2007】移行を実施せずにシステム運用は実施できるか »

2008年10月13日 (月)

【共通フレーム2007】すべての並行運転のための活動とは

P121「1.6.12.1 ソフトウェア導入(インストール)計画の作成」において、「導入するソフトウェア製品を既存のシステムと置き換える場合には、開発者は契約で要求するとおりに、すべての並行運転のための活動を支援する」と書かれている。

ここでいう「すべての並行運転のための活動」の「すべての」とはいかなる意味なのであろうか。
「契約で要求するとおりに」という語で、既に「並行運転のための活動」の範囲が定義されるのであるから、「すべての」は不要であると思われる。

それとも、本当に「すべての並行運転のための活動」を対象にするという意味であろうか。
しかし、どう考えても、「おたくの会社では共通フレームに従って開発していると言ってましたよね、なら『すべての』並行運転のための活動を支援するってことでしょう。だから・・・」というように開発者がつけこまれるだけの意味しか持たないのではないか。
開発者の方、お気を付けください。

« 【共通フレーム2007】「契約」がなくとも実施すべきことと「契約」がなければ実施しなくとも良いこと | トップページ | 【共通フレーム2007】移行を実施せずにシステム運用は実施できるか »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24447016

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】すべての並行運転のための活動とは:

« 【共通フレーム2007】「契約」がなくとも実施すべきことと「契約」がなければ実施しなくとも良いこと | トップページ | 【共通フレーム2007】移行を実施せずにシステム運用は実施できるか »