2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】移行を実施せずにシステム運用は実施できるか | トップページ | 【共通フレーム2007】「ハードウェア、要員、要件」と「ハードウェアや要員、組織、要件」の差 »

2008年10月17日 (金)

【共通フレーム2007】「システム」「ソフトウェア製品」「データ」の関係

P129「1.7.3.1 移行のためのソフトウェア製品及びデータ作成時の共通フレームの遵守」において、「システム」「ソフトウェア製品」「データ」の語の使い方が混乱している。

見出しでは、
   「移行のためのソフトウェア製品及びデータ作成時の・・・」
と書かれているが、
本文の始めには、
   「システム又はソフトウェア製品(データを含む)を新しい環境に移行する場合・・・」
と、「ソフトウェア製品」だけでなく「システム」が追加されているし、「ソフトウェア製品」の中に「データ」を含むことになってしまっている。
さらに、次に、
   「いかなるソフトウェア製品又はデータも・・・」
と、再度「ソフトウェア製品」と「データ」は別物になっている。

これは、見出しを含めてたった4行の記述の中で見出されるものである。
共通フレームは、複数のステークホルダがお互いに「共通の言葉」で話すための「共通の物差し」を用意することであったはずであるが、共通フレーム内で既に同じことを違う言葉で言っているように思える。
「共通の言葉」で話すことは難しいことの反面教師的意義はある。

« 【共通フレーム2007】移行を実施せずにシステム運用は実施できるか | トップページ | 【共通フレーム2007】「ハードウェア、要員、要件」と「ハードウェアや要員、組織、要件」の差 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24457930

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】「システム」「ソフトウェア製品」「データ」の関係:

« 【共通フレーム2007】移行を実施せずにシステム運用は実施できるか | トップページ | 【共通フレーム2007】「ハードウェア、要員、要件」と「ハードウェアや要員、組織、要件」の差 »