2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】システム方式設計の段階での利用者文書作成の実現可能性 | トップページ | 【共通フレーム2007】「一貫性」と「外部一貫性」 »

2008年10月13日 (月)

【共通フレーム2007】システム方式とシステム方式設計

P111「1.6.3.4 システム方式の評価」とある。
また、次に「1.6.3.5 システム方式設計の共同レビューの実施」と続く。

一方、P114「1.6.5.6 ソフトウェア方式設計の評価」があり、「1.6.5.7 ソフトウェア方式設計の共同レビューの実施」が続く。

内容的にほとんど同じ構成のはずなのに「1.6.3.4 システム方式の評価」にだけ「設計」の語が付いていない。

他の3つにはあるのに。

わざわざ変える理由は分からない。

« 【共通フレーム2007】システム方式設計の段階での利用者文書作成の実現可能性 | トップページ | 【共通フレーム2007】「一貫性」と「外部一貫性」 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24445864

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】システム方式とシステム方式設計:

« 【共通フレーム2007】システム方式設計の段階での利用者文書作成の実現可能性 | トップページ | 【共通フレーム2007】「一貫性」と「外部一貫性」 »