2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「代表利用者」とは | トップページ | 【共通フレーム2007】「実環境の領域」と「適宜テスト」 »

2008年10月27日 (月)

【定量的品質予測のススメ】代表的名例の例

P14「2.2.2 測定量」において「ここでは、代表的な基本測定量(・・・略・・・)と導出測定量(・・・略・・・)の例を図表2.2-2に示す」とあり、
続く文で「図表2.2-2の『測定方法/算出方法』は例として記載している」とある。

       「基本測定量と導出測定量」
でなく、
       「基本測定量と導出測定量の例」
でもなく、
   「代表的な基本測定量と導出測定量」
でもなく、
   「代表的な基本測定量と導出測定量の例」
であり、更に、
   「代表的な基本測定量と導出測定量の例」として示した「図表2.2-2」の中の「『測定方法/算出方法』は例として記載」
というように、その例の中に記述されたものが更に例であると書かれている。

これは何を示すか。

P6「1.1 今、品質確保が急務」で書かれているように、「開発途中の品質は、標準化された評価には至っていない」ことを本書のこの部分でははわきまえているということを意味する。
「基本測定量と導出測定量の『測定方法/算出方法』は図表2.2-2に示す通り」と書きたいが、書けない、断言する自信がないということが、この記述から読みとれる。
「代表的」と「例」という飾りを付けただけでは足らず、更に「例」ということを書き加えるほどなのである。

「定量的品質予測のススメ」と言われても腰が引ける読者も出るのではないであろうか。
とはいえ、書かれている内容に意味が無いとは思わない。せっかくの記述なのであるから、
   「代表的な基本測定量と導出測定量」として示して「図表2.2-2の『測定方法/算出方法』は例として記載」
とすれば未だ良かった気がする。更には、
   「代表的な基本測定量と導出測定量」として示して「図表2.2-2の『測定方法/算出方法』は例として記載」は書かなくても良い
と思われる。

« 【共通フレーム2007】「代表利用者」とは | トップページ | 【共通フレーム2007】「実環境の領域」と「適宜テスト」 »

定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24606002

この記事へのトラックバック一覧です: 【定量的品質予測のススメ】代表的名例の例:

« 【共通フレーム2007】「代表利用者」とは | トップページ | 【共通フレーム2007】「実環境の領域」と「適宜テスト」 »