2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】予定の節目で、定期的なレビューとは | トップページ | 【共通フレーム2007】「次の計画された活動の準備ができている」ことの確認は「技術レビュー」なのか »

2008年10月30日 (木)

【定量的品質予測のススメ】ソフトウェア開発の品質データが正規分布に従う確率

P27「2.3.7 モデル利用上の注意点 (2)入力データのチェック」において「母集団が正規分布に従う場合、±3σをわずかに超えたデータは管理限界を超えたデータではあってもモデルの対象外のデータとは言えないことが多い。それに対して、±6σを超えるものは明らかに特異なデータとみなすことができるであろう」とある。

P20「コラム モデル化時の注意点」において、「ソフトウェア開発では複数の要因(特に人的要因)が大きく影響するため、測定値に大きなバラツキが出る(すなわち分布の山がなだらかな)傾向が有り、しかも正規分布にならない場合が多い。したがって、実際の現場では管理限界±3σでは範囲が広過ぎて利用できないことが多い」と書かれている。

この2つの文が同一の書籍に書かれていることを念頭において本書は読まなければならないことに注意を要する。

ただ、この二つの文が両立しないわけではない。
前者が、「母集団が正規分布に従う場合」という条件を付けており、後者では「正規分布にならない場合が多い」と言っているだけだと解釈すればよいのだから。

しかし、「母集団が正規分布に従う場合」がそうそうあるとは思えないことは、本書が既に書いていることである。

« 【共通フレーム2007】予定の節目で、定期的なレビューとは | トップページ | 【共通フレーム2007】「次の計画された活動の準備ができている」ことの確認は「技術レビュー」なのか »

定量的品質予測のススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24606210

この記事へのトラックバック一覧です: 【定量的品質予測のススメ】ソフトウェア開発の品質データが正規分布に従う確率:

« 【共通フレーム2007】予定の節目で、定期的なレビューとは | トップページ | 【共通フレーム2007】「次の計画された活動の準備ができている」ことの確認は「技術レビュー」なのか »