2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「開発計画」とは何か | トップページ | 【共通フレーム2007】「契約」がなくとも実施すべきことと「契約」がなければ実施しなくとも良いこと »

2008年10月13日 (月)

【共通フレーム2007】「実現可能性」「適切性」というのは基準となりうるか

P120「1.6.11.2 システムの評価」において、「システムは、次の基準を考慮して評価する。評価結果は文書化する」とあり、
次の基準が挙げられている。

(a)システム要件のテスト網羅性
(b)期待した結果への適合性
(c)運用及び保守の実現可能性
(d)使用されたテスト手法及び標準の適切性

ここで、(a)(b)は基準と言えようが、(c)(d)は基準と言えるかは微妙である。
特に、「(d)使用されたテスト手法及び標準の適切性」は、観点とはいえるが基準とは言えないと考える。
基準と言うのは、何かを判断・評価する際に使用する物差し的なものであると考えるが、(d)は、人による主観の面が強く、評価の差が他に比べて大きいからそのように考えるのである。

もちろんこれらを評価すること自体には意義が有ると言えよう。

« 【共通フレーム2007】「開発計画」とは何か | トップページ | 【共通フレーム2007】「契約」がなくとも実施すべきことと「契約」がなければ実施しなくとも良いこと »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24446911

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】「実現可能性」「適切性」というのは基準となりうるか:

« 【共通フレーム2007】「開発計画」とは何か | トップページ | 【共通フレーム2007】「契約」がなくとも実施すべきことと「契約」がなければ実施しなくとも良いこと »