2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「ハードウェア、要員、要件」と「ハードウェアや要員、組織、要件」の差 | トップページ | 【共通フレーム2007】「システム構成管理計画」の一部としての「構成管理計画」 »

2008年10月19日 (日)

【共通フレーム2007】文書化されていない要件の構成管理は可能か

P151「ガイダンス 2.2(4)」において、「要件の品目の例としては、システム化構想、システム化計画書、要件定義書、システム設計書等が挙げられる」とある。

この例示の中に一つ異質なものがある。

「システム化構想」である。
他はすべて「書」が付いており、実際にモノである。

しかし「システム化構想」はモノではない。もしくはモノとは限らない。

モノでは無いものをモノとして捉えるのは無理があるのではないだろうか。
「システム化構想」は「システム化構想書」とすればよい。

「システム化構想」は文書化しなければ単なる頭の中のアイディアなのでこう考えれば良いはずであるが、なぜ「「システム化構想」だけ「書」が付かないのだろうか。

« 【共通フレーム2007】「ハードウェア、要員、要件」と「ハードウェアや要員、組織、要件」の差 | トップページ | 【共通フレーム2007】「システム構成管理計画」の一部としての「構成管理計画」 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24458038

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】文書化されていない要件の構成管理は可能か:

« 【共通フレーム2007】「ハードウェア、要員、要件」と「ハードウェアや要員、組織、要件」の差 | トップページ | 【共通フレーム2007】「システム構成管理計画」の一部としての「構成管理計画」 »