2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】契約の変更要求が与える影響調査の重みの違い | トップページ | 【共通フレーム2007】プロセスを呼び出すとは »

2008年10月13日 (月)

【共通フレーム2007】影響の調査分析で望ましいこと

P90「1.3.3.1 影響の調査分析の根拠」において、ガイダンスで「必要に応じて要件定義プロセス(1.5参照)、開発プロセス(1.6参照)を使用することが望ましい」とある。

これに関し、次の二点が不明である。

「1.6 システム要件定義」の使用は不要なのか。

「1.5 要件定義プロセス」は、P22で見ると、ベンダは「責任の主体」のみならず「支援」の役割も担わない。
役割を担わないにもかかわらずプロセスを使用するとはどういうことなのかをもう少し説明されるべきであろう。

« 【共通フレーム2007】契約の変更要求が与える影響調査の重みの違い | トップページ | 【共通フレーム2007】プロセスを呼び出すとは »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24445696

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】影響の調査分析で望ましいこと:

« 【共通フレーム2007】契約の変更要求が与える影響調査の重みの違い | トップページ | 【共通フレーム2007】プロセスを呼び出すとは »