2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】開発者が契約によって実施又は支援しなければならないタスクとは | トップページ | 【共通フレーム2007】システム方式とシステム方式設計 »

2008年10月13日 (月)

【共通フレーム2007】システム方式設計の段階での利用者文書作成の実現可能性

P111「1.6.3.2 利用者文書(暫定版)の作成」において、「開発者は、利用者文書の暫定版を作成し、文書化することが望ましい」とある。

言いたいことは、分かる。
利用者文書を、開発が進むにつれて段階的に書き上げていけと言っているのである。

しかし、実際にこれをシステム方式設計の段階で作成を開始することは難しいのではないだろうか。

ソフトウェアがどのようになるか分からなければ、ほとんど書く内容が無いと思われる。
もしくは、書けたとしても、本番稼動後に利用者文書を活用する利用者にとっては不要な情報となる可能性が高くなるのではないだろうか。

しかも、共通フレームでは、「1.6.3.2 利用者文書(暫定版)の作成」が書かれている「1.6.3 システム方式設計」よりもV字モデルの順番としては後に来る「1.6.4 ソフトウェア要件定義」の「1.6.4.1 ソフトウェア要件の確立」において、「利用者文書」の要件を確立するとある。

素直に読めば、「利用者文書」の要件を確立する前に、利用者文書の暫定版を作成することを推奨していることになってしまう。

以上から、「1.6.3.2 利用者文書(暫定版)の作成」は、外して考えてよい。

尚、共通フレームでは、利用者文書の例として、システム運用マニュアル、システム運用マニュアルが挙げられている。

« 【共通フレーム2007】開発者が契約によって実施又は支援しなければならないタスクとは | トップページ | 【共通フレーム2007】システム方式とシステム方式設計 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/24445858

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】システム方式設計の段階での利用者文書作成の実現可能性:

« 【共通フレーム2007】開発者が契約によって実施又は支援しなければならないタスクとは | トップページ | 【共通フレーム2007】システム方式とシステム方式設計 »