2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「連絡協議会」と「定例会議」 | トップページ | 【共通フレーム2007】受入れ時の供給者の参加範囲の定義 »

2008年7月14日 (月)

【共通フレーム2007】受け入れ準備は「望ましい」ことなのか

P79「1.1.5.1 受入れの準備」において、「取得者は、定義された受入れ方針及び基準に基づいて、受入れの準備をすることが望ましい」とある。

少なくとも、「取得者は、受入れの準備をすることが望ましい」というのはおかしい。準備なしに受け入れることは不可能かもしくはあまりに受入れ側のリスクが高くなるから「すべきである」のはずである。

では、「望ましい」となっているのは、「定義された受入れ方針及び基準に基づいて」の部分についての記述ということになる。

よって、「取得者は、定義された受入れ方針及び基準に基づいて、受入れの準備をすることが望ましい」というのは、
   ・受入れの準備をすること
は、実施すべき事項であるが、
   ・定義された受入れ方針及び基準に基づいて準備すること
は、実施することが望ましい事項と解釈することになる。

« 【共通フレーム2007】「連絡協議会」と「定例会議」 | トップページ | 【共通フレーム2007】受入れ時の供給者の参加範囲の定義 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/22164501

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】受け入れ準備は「望ましい」ことなのか:

« 【共通フレーム2007】「連絡協議会」と「定例会議」 | トップページ | 【共通フレーム2007】受入れ時の供給者の参加範囲の定義 »