2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「要件」と「要求」 | トップページ | 【共通フレーム2007】「発展的に解消」 »

2008年6月22日 (日)

【共通フレーム2007】「Shall」と「Should」

P71では、共通フレームにおいて、「Shall」と「Should」は次のように日本語に訳されているとのこと。
英語では、その2つでしか書かれていないものが、日本語では複数で書かれていることを意識して読むと良い。

Shall : 「とする」「による」「すること」「する」
           =>二人以上の当事者間で定められた規定を表す

Should : 「することが望ましい」「ほうがよい」「するとよい」
           =>いくつもの可能性の中から一つを推奨する際に使う

・・・・、「Shall」と「Should」共に矢印以降の記述は「?」な気もする。
本当にその定義でよいのだろうか・・・と。

« 【共通フレーム2007】「要件」と「要求」 | トップページ | 【共通フレーム2007】「発展的に解消」 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/21699323

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】「Shall」と「Should」:

« 【共通フレーム2007】「要件」と「要求」 | トップページ | 【共通フレーム2007】「発展的に解消」 »