2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】「ソフトウェアに分解」に対する二重の意味付け | トップページ | 【共通フレーム2007】動作の主体 »

2008年6月12日 (木)

【共通フレーム2007】「この部分がとりわけ重要である」

P27「(9)修正(テーラリング)の採用」において「共通フレームの適用にあたり、アクティビティ、タスクを取捨選択したり、繰り返し実行したり、複数を一つに括って実行してもよい。この部分がとりわけ重要である」とある。

この「この部分がとりわけ重要である」という記述は何故あるのであろうか。
「共通フレーム2007」における他の部分に比べ、何故「とりわけ重要」なのかが記述されずに重要と言われても読者は読み取れない。

共通化文書として、敢えて「価値的意味」を含む「とりわけ重要」というのであれば、その理由を明記すべきであろう。

« 【共通フレーム2007】「ソフトウェアに分解」に対する二重の意味付け | トップページ | 【共通フレーム2007】動作の主体 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/21418049

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】「この部分がとりわけ重要である」:

« 【共通フレーム2007】「ソフトウェアに分解」に対する二重の意味付け | トップページ | 【共通フレーム2007】動作の主体 »