2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】企画プロセスは誰が行うのか | トップページ | 【共通フレーム2007】ソフト・サービス業者とベンダ企業 »

2008年6月 8日 (日)

【共通フレーム2007】論理的に説明できるもの

P20「(3)責任範囲の明確化」において、

「企画者、開発者、運用者、保守者などは役割が明確である。しかし、企画した内容が運用に供するか、逆に言えば運用に供せられるように要求仕様を明示したか、それは本来、誰の責任かということを論理的に説明できるものは少ない」

とある。
この文の意味は何であろう。

「論理的に説明できるものは少ない」の真意がわからない。
「論理的に説明できるもの」は1つあれば良くて、複数は要らないと思うのだが。

しかも、「論理的に説明できるものは少ない」と書くだけでその少ないものの手がかりも提示されていないので、読者はそれにあたることもできない。

・・・と思うのであるが、自明であるのであろうか。

« 【共通フレーム2007】企画プロセスは誰が行うのか | トップページ | 【共通フレーム2007】ソフト・サービス業者とベンダ企業 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/21368281

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】論理的に説明できるもの:

« 【共通フレーム2007】企画プロセスは誰が行うのか | トップページ | 【共通フレーム2007】ソフト・サービス業者とベンダ企業 »