2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】なぜISOにはあまり反映できなかったのか | トップページ | 【共通フレーム2007】品質保証の品質保証 »

2008年6月16日 (月)

【共通フレーム2007】「プログラム」の意味

P39「(3)組織に関するライフサイクルプロセス(f)再利用プログラム管理プロセス」において「組織として、資産(ソフトウェア、テストデータ、メトリクス等)を再利用する活動の計画、管理、制御、監視を体系的に実施するアクティビティからなる。ここでいうプログラムとは実施計画をさす」とある。

第2文の「ここでいうプログラムとは実施計画をさす」はつまり「プログラム」=「実施計画」であり、ならば(f)じは「再利用実施計画管理プロセス」となるが、何かピンと来ない。

ここでいう「プログラム」は、第1文中の「資産(ソフトウェア、テストデータ、メトリクス等)」と解釈して問題ないのではないか。

ソフトウェア開発関連の標準書の中で、わざわざ「コンピュータ用語」である「プログラム」を別の意味で使う必要はないと考える。どうしても何かの語で表したいのであれば、別な言葉で書くべきである。

「ここでいうプログラムとは実施計画をさす」とわざわざ書くのではなく「プログラム」と書かず「実施計画」と最初から書いておけば良いだけであると思うのであるが・・・何かそうすべき意味があるのであろう。

« 【共通フレーム2007】なぜISOにはあまり反映できなかったのか | トップページ | 【共通フレーム2007】品質保証の品質保証 »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/21619004

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】「プログラム」の意味:

« 【共通フレーム2007】なぜISOにはあまり反映できなかったのか | トップページ | 【共通フレーム2007】品質保証の品質保証 »