2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【共通フレーム2007】動作の主体 | トップページ | 【共通フレーム2007】なぜISOにはあまり反映できなかったのか »

2008年6月14日 (土)

【共通フレーム2007】個別フレームの定義

P28「共通フレームの位置づけ(1)共通フレームと組織標準との関係」において、「組織やプロジェクトには固有の作業標準が存在する」とあり、これを「個別フレームと呼ぶことにする」と書かれている。
そしてその直後に「個別フレームは各社ごとに存在する」と書かれている。

「個別フレーム」に対するこの2つの記述は矛盾しないか。

第一の文では「数社の共同プロジェクトの作業標準」は「個別フレーム」にあたるが、第二の文では「個別フレーム」では無いことになるように見える。

また、第一の文では「ある会社内の部署毎の作業標準」は「個別フレーム」にあたるが、第二の文では「個別フレーム」は会社に一つしか無いように見える。

第一の文と第二の文の意味するところは何なのであろうか。

« 【共通フレーム2007】動作の主体 | トップページ | 【共通フレーム2007】なぜISOにはあまり反映できなかったのか »

共通フレーム2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048600/21441826

この記事へのトラックバック一覧です: 【共通フレーム2007】個別フレームの定義:

« 【共通フレーム2007】動作の主体 | トップページ | 【共通フレーム2007】なぜISOにはあまり反映できなかったのか »